2013年06月25日

[コトブキヤ] ファイアーフォックス 予約受付中


ジェノリッターすら諦めようかという状況なので、これに手を出す余裕はない。
ミラージュフォックスとジェノリッターのコトブキヤ版を待とう。
posted by 七癖 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

[コトブキヤ] イグアン 予約受付中


バリエーションではない、アニメ未登場の機体とは珍しい。
バリエーションと言えてしまうのかもしれないけれど。
ABSパーツの使い方が、ゴドスから改善されていることを期待している。
posted by 七癖 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の感想



金型改修後のジェノは初めてだけど、あまり書く事がない。
書き終わって、酷い酷評だと思った。

新規パーツで、一つ余る。他、サイコジェノザウラーでは使わないパーツも幾つかある。パーツリストでは、Z2が2つ余るって書いてあるけど、1つの間違いだよな。

金型改修後、首骨格と下腕骨格がABSになった。他はジェノザウラーと変わらない。サイコでも新しいABSパーツはない。

これまでのシリンダー類のシルバーとゴールドの他、牙や砲塔中央部などのOランナーと、キャップ全てがシルバーで彩色されている。確かに組み終えた後はアクセントになっていいけどさ、なんで成形色にしてくれなかったんだ。見本写真では牙は爪と同じグレーに見えるし。
なお、この結果シルバーのパイロットが1体分余る。

成形色は相変わらずいい色合いをしていて、特に装甲の水色の感じが素敵だ。

ジェノザウラーは、元々細い胸の骨格の合いが悪くて苦労した。隙間から覗ける構造が素晴らしいのは変わらない。頑丈さと可動の自由度は、後のキットでは改良されつづけているけれど、目立つ合わせ目の多さは、少なくなったように見えて、この頃からあまり進歩していないのかもしれない。

金型改修後、首の頭部側と両手首のボールジョイントが、逆側も差し込み式になった。人生ゲームの人間のようだといえばわかるだろうか。これで首を伸ばしたり手首をワイヤーに交換したりするのだが、手首の方が、手をはめるときに奥まで刺さってしまい、取り出せなくなった。

サイコジェノザウラーで追加されたパーツのうち、幻影発生装置は、正面の投影レンズと側面のランプ?がクリアーパーツになっている。これがブルーとピンクのそれぞれ2セット分入っている。これは嬉しい。標準では、正面のレンズはブルー、側面のはピンクだが、僕は、眼もブルーだしということで、全て、つまり側面もブルーで組んだ。
この幻影発生装置の、後方のダクトは片寄せになったけど、その枠など上下面には合わせ目が現れる。可動するフタを挟んでいるので、消される方は大変かもしれない。

頭部の新規武装は、前方のフレキシブルレーザーはいいのだけれど、後方のとさか、複合センサーが酷い。まとめての左右二分割で、合わせ目を消すのは大変そうだし、フィンの裏側はがらんどうだ。ここは細かいパーツ分割を期待していたのだけどなあ。さらに、おそらく荷電粒子砲発射形態の再現の為だろうが、設定画にはある後頭部の構造が作られておらず、頭を下げると内部が丸見えで寂しい。

頭部の武装が変わると、全体の印象が結構変わって驚かされる。

今作もデカールはない。

ジェノザウラーの時から、コトブキヤならと期待していたサイコジェノザウラーだったのだが、箱を開けてみて、彩色済パーツの多さと新規パーツの考えていなさにがっかりした。折角の設定画と造形があんまりだ。
posted by 七癖 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー 完成


装甲を着せて完成させた。
遠目にはスラリとしてて美しい。
他に何もやる気がしないからという微妙なテンションだったので、それが反映されている気がする。
posted by 七癖 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の組み立ての後半


この前の失敗以来、あまり高くなかったテンションがさらに下がって、昔したような箇所で失敗を幾つもした。やはり過去ログを見ておくべきだったか。
せっかくなので、借りたデジカメで一枚撮ってみた。
サイコジェノザウラーネイキッド
フレーム状態は、ジェノではこんなもんだ。ジェノでも胴の装甲が補強になっているので、この状態だと胴と腰とが外れやすい。
これをやると、後が大変になるのだが、せっかく作ってあるのに一度はやらないともったいない。HMMではこの方針を進めてほしかったのだけれどなあ。
にしても、下手な写真だ。
posted by 七癖 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の組み立ての中盤


砲塔の組み立てで、O24にO22を差し込もうとしたら中途半端な所で動かなくなってしまい、一旦引き抜こうとしたらO24の太い軸がねじ切れた。
なんてこったい。
多分塗膜の厚さのせいだ。
ここは外からは完全に見えなくなるけれども、中央で貫通して左右の軸の中心をつないでいる箇所なので、これが無いと、大きな砲身を支えきれるか不安だ。接着するにも、一度塗膜を剥がさないといけないし。
久しぶりに大きな失敗をしでかした。
posted by 七癖 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の組み立ての前半


尾のブロックの一つで、フィンを付けて挟むときによく確認しなかったため、フィンのピンが外れたまま組んでしまい、フィンの脚を曲げてしまった。直したけど、白濁の跡が残ってる。お前このユニットをこれまでに幾つ組んだんだよ。
個体差か、パーツR1がやけに歪んでいて、修正に苦労している所だ。
posted by 七癖 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の組み立ての序盤


早起きすると眠くなって、あまり進まない。
ディバイソンの時はこんなこと無かったのになあ。
彩色済パーツのゲート跡のリタッチが多すぎる。キャップ全部って何だよ。
posted by 七癖 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー の組み立て開始

ゾイド サイコ・ジェノザウラー

ゾイド サイコ・ジェノザウラー
価格:6,962円(税込、送料別)


この絵に限らず、サイコジェノザウラーの活躍したシーンが思い出せない。
それはともかく、サイコジェノザウラーの組み立てを開始した。
早起きした割にはあまり進まなかった。
posted by 七癖 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

[タカラトミー] ミラージュフォックス 予約受付中

タカラトミーモール専売なのかな。
他で見つからなかったのでここで予約した。
ネット銀行からの振込が出来ないのが面倒くさい。今回はファミマまで出かけた。受領書にあるこの収納代行会社のサービス一覧にはあるのだけれど。
posted by 七癖 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

[コトブキヤ] ディバイソン トーマ仕様 の感想


今作も変わった素材のパーツは無い。
ABSパーツは少なめで、肩関節、砲塔の左右の補助脚、砲塔の展開式アンテナのアーム、に使われている。的確な使い方だと思う。

余剰パーツは、正面の突撃砲が3門余る。でもPCは1門分しか余らない。17という数字は素数だしな。他、キャップが余る。

クリアーパーツは目のほか、砲塔の窓、砲塔の上下とコアブロックの前方に三箇所、それにテールランプがある。テールランプは大きい。前方の三箇所は、小さいといっても本体が大きいので、それなりだ。

色分けは、ほぼ完璧である。腹の横の束板まで別パーツになっている。肩は、後方のパイプが灰色で別パーツなので、上側のパイプもそうしてほしかった。それから蹄の間を、上下で統一してほしかった。
他、後方火器の照準器類と、肩、腿、腕、脚のシリンダー類を、色分けしてほしかった。それから、8連ミサイルポットのミサイル。これは別パーツにしておくだけでも色を塗られる方が楽になると思う。

彩色済パーツもない。角と蹄は、いい色合いをしている。口の中もこれと同じ色だ。

四肢の可動はそこそこだ。牛だからまあいい。後脚はTOMY版より関節が追加されてより牛らしくなっている。首は結構引き伸ばせる。
胴体は、もともと動かしにくそうなデザインでどうするのかと思いきや、まさかの斜め分割である。これは面白い。胸側と接する腰側のモールドは、作り込んであって見所だ。砲塔内部、砲塔の基部側なども、半面とはいえディテールが細かく、どれも隠れてしまうのが残念である。
17問突撃砲は、アニメでは1門1門が上下左右に細かく動いていたような覚えがあるので、ボールジョイントかなあと思っていたら、個別に動くものの、正面の9門は上下のみ、左右の8門は左右にしか動かない。正面のはPCが仕込まれているけれど、左右のはまるで初期のガンプラの股関節ような構造で、押さえていないと上下がつられて動く。確かにスペースがあまり無いけど。

腹の両横のパイプが半分しか造形されていなくて、下から見るとかなり気になる。HMMは下からの視点も見所なのに。
他、肉抜き穴は、コクピットの横など細かい所に現れる。背中のパイプの裏側は多分気にならないと思う。
ハッチの開閉のためとはいえ、顔の開口部が気になる。

肩と腿の装甲の、トラス構造が開口されていて中が覗けるのがいい。胴にも同様の箇所があるけれど、内部も同じ色なので少し寂しい。どうせなら砲塔の下の所もそうしてほしかった。ただ、砲塔の脚を格納する空間を確保するために設定画にある構造をオミットしているので、開いているとむしろみっともないかもしれない。

肘などの穴空き板は、開口されていない。モールドのみである。カーブした穴空き板だと、方の抜き方向によって斜めになってしまうからなあ。

気になるのは合わせ目である。
まず角。途中までは分割できそうなラインがデザイナーさんによって入れられているっているけど、先端が問題だ。絶妙にカーブしていて難しいと思うけど、ここは一番目立つところなので、超絶技術を期待していた。
それから突撃砲。確かに17門も作るのに細かくパーツ分けされていたら面倒だと思うだろうけれど、合わせ目を消す場合でも同じじゃないかな。
それから、肩と腿の正面装甲。下の方は凹凸の真ん中にある。ここは段差を利用して別パーツにすればいいだろ。
他、8連ミサイルポット後方のダクトの真ん中に、なんで分割線を入れるかなあ。
いつも思うのだけれど、肘や膝、踝などの、等間隔にモールドが入った円盤側面の中心に分割線があると、合わせ目を消される方は大変なのではないか。大抵両側は隠されるのに。
他、コアブロック、砲塔のシート、尻、3連衝撃砲の砲身後方、後方火器類、後頭部、腰の空洞の内部、などなど細かいところを挙げればきりが無い。
合わせ目を消し慣れている方々には、パーティングラインの修正のほうが大変なのかなあ。パーティングラインでモールドがずれている箇所もあったから、考えてしまう。

コアブロックは引き出せるけれど、そこからコアを取り外せない。どんどん簡略化されていくなあ。

あれ、デカールが無い。

牛は、正面から見ると細いイメージがあって、TOMY版もそんな感じだったと思うのだけれど、このディバイソンは幅広でがっしりしている。

8連ミサイルポットのハッチが開閉できるのもいい。

砲塔のハッチを開くには、砲塔を外さないといけないようで、遊びにくい。

組み上げるとかっこいいのはいつもの事だ。

全体としては、部品数も少なくて組みやすかった。
でも、これまで積み重ねてきたものが簡略化されてしまっていると思われた。
そう、僕がHMMに求めているものはこれじゃないんだ。大変なほど、達成感は上昇するのだから。
より細かいところまで行き届いた配慮がほしい。
噂に聞く、バンダイの MGνガンダムVer.Ka のZOIDS版を求ム。
posted by 七癖 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

2013 J1 川崎F vs 名古屋

これだけ引っかかるとそりゃ負けるよ。
posted by 七癖 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

[コトブキヤ] ディバイソン トーマ仕様 の完成


4連バズーカを首に差し込んだ所で白濁した。まず見えない。白濁はそれくらい。
クリアーパーツは、一つ、はめ込んだ後でゲート処理の甘さに気付いた。手遅れだ。組み上げたら気にならなくなった。他、目の下のゲート処理に苦労する。天板で隠れる所があるのだから、そっちにゲートを配置してくれればよかったのに。
腰の空洞は、TOMY版に存在していたのをいまさっき10好きで確認した。
そんなこんなで、大きな失敗もなく完成した。
その余韻に浸る間もなく、遊ぶこともせずに部屋掃除の準備に入った。
posted by 七癖 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

[コトブキヤ] ディバイソン トーマ仕様 の組み立て終盤


竹割り構造の突撃砲のモールドがずれててがっかりする。
腰に大きな空洞が出きるけど、パーツをはさみ忘れてないよなあ。見本写真だと腿に隠れて確認できない。TOMY版を確かめたいけれど、一番奥で無理だ。
両側からPCで挟み込む構造を組み立てるのは、僕は苦手だ。腰の胸側との接続部を作っててつくづくそう思った。
キャップも終わった。残るパーツの切り出しはABSとクリアーパーツのみだ。
posted by 七癖 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

[コトブキヤ] ディバイソン トーマ仕様 の組み立て中盤


連日早起きしてディバイソンをパチ組みしてる。
組み立て図から、もなか構造の合わせ目だらけだと思っていたけれど、予想以上でがっかりしてる。
あと、スライド金型の意図に疑問を感じるパーツがある。肉抜き穴の為にスライド金型を使うのか。
posted by 七癖 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

[コトブキヤ] ディバイソン トーマ仕様 の組み立て開始


予定が立たないのだけれど、ディバイソンのパチ組みを始めた。
時間の確保の為の早起きに成功した所から、僕は余程作りたかったのかなあ。
半年ぶりに握るアートナイフを持つ手がたどたどしい。

ところで、このパッケージはアニメ第41話「悪魔の迷宮」かな。果たしてトーマは兄を救えるのか。
posted by 七癖 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー 発売中


amazon なのに珍しくヤマト運輸だった。
発売は月末を予定してたのに、早すぎる。おかげで頼んでたamazonギフト券が間に合わなかった。

トサカのパーツ分割にがっくりきている。
posted by 七癖 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

[コトブキヤ] アイアンコング シュバルツ仕様 予約受付中


予約開始時期が早めなので、昨年末と同様に、6月の本命は別にありそうな予感がする。
posted by 七癖 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

[コトブキヤ] サイコ・ジェノザウラー 予約受付中


予約したけど書き忘れてた、その2。
ジェノ本体は、何度も再販されているので、金型の劣化が心配だ。
posted by 七癖 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

[コトブキヤ] ライトニングサイクス アーバイン仕様 予約受付中


予約したけど書き忘れてた。
最初、これが画面に登場したとき、これが次の新型か、かっこいいなあと思いながら観ていたら、その話の最後で装甲を脱ぎ捨てて別の姿になったのを見て驚いた記憶がある。この時は口にはめるくつわに気がつかなかったのだな。
posted by 七癖 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。