2010年10月09日

Me機とXp機の電池を交換

出かけたついでに、100円ショップで見つけた、マザーボード用の電池CR2032を買ってきた。三菱ブランドで日本製。外国製で2個セットのもあったけど、一個づつのを購入した。

交換開始。

先日無くなったばかりのMe機は、取り替えは簡単だった。マニュアル通りにCMOSのクリアをやってみた。一度起動に失敗したものの、2度目に起動、BIOSの設定をし直した。

もらったときから電池の無かったNECのVALUESTAR PC-VC3504Dは、コンパクトな筐体のため、もはや使えないアナログTVボードとLANボードを外さないと電池に届かなかった。情報もないため、事前に一度カバーを外して、埃を掃除し、ボードを外し、電池の型番を確認した。つまり付け外しを二回やった。CMOSのクリア方法もわからなかったが、無事に起動した。

どちらも、数日後にもう一度起動して確認した方がいい。

この際だから、一番古い FM-V466D3 もと思ったのだが、この電池BR2335ってもはや売ってないんだね。 出かける前にネットで検索して、古い苦しんだ情報が見つかって、おかげでボタン電池に詳しくなれた。同じ直径のが、訪れた100均で見つからなかったので、今回はやめた。
posted by 七癖 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック