2010年05月05日

NVIDIAドライバの再インストールとパソコン内の掃除

なんかグラフィックカードの温度が高くファン音が少し大きいなあと思い、また起動時に画面が何回か点滅するようになったので、ドライバを入れ直す。
削除した所でデフォルトのドライバが入って、ファン音が調節された。サービスパックに入っていたのかな。そういえば Windows Update にドライバが表示されるので、それでも良かったかも。
で、NVIDIA から落としたドライバを入れる。前に気になっていた、アプリケーションの追加と削除で表示されるドライバファイルの容量は治った。でも、HDDの空きがあまり変わっていない所を見ると、記録のバグだったのか、それともゴミが大量に残っているのか。
NVIDIA のドライバファイルの中身の大半は NVIDIA コントロールパネルみたいだ。その表示と見比べたり検索したりして、サービスの中の「NVIDIA Stereoscopic 3D Driver Service」と「NVIDIA Display Driver Service」の起動方法を手動にしてみる。起動は良くなった。
それで、温度とファン音はそれほど変わらないので、昨日今日は暑いせいだという結論に達する。
そこで、ケースを開けなくて済んだと手を抜いたパソコン内の掃除を、やっぱすることにした。
横フタを開けると、それほど埃が積もってはいない。半年くらいだから当然かと思いつつ、フロントパネルの周辺に埃が多いと思い、フロントパネルを開けてみると、埃で埋まってた。antec solo の構造を考えればそりゃ当然だ。付属のエアフィルタでも役に立ってたんだと思いつつ、掃除機で吸い取る。
まあ、温度はあまり変わらなかったわけだが。

いつだってパソコンは夏が正念場だ。
posted by 七癖 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック