2010年01月16日

ブログのレイアウト

つい二月ほど前までは「メアドも消えたし、年が明けたら放置宣言をしよう」と思っていた、真面目にやってた方のブログが、先月より熱くなって、戸惑っている。
あんなひどいプログラムを公開していた方が悪いんだけれども。
ついには「窓の社」まで出てきて驚いた。

向こうもこっちも、WinME+IE5.5SP2+Sleipnir1 で組んだブログのレイアウトが、今の Ubuntu+FireFox になって崩れたのはいつも見ていて知ってたが、放置してた。でも苦情が来たからには、少なくとも手を動かさねばならない。
で、開始。
seesaa は css を細かく指定できるのがいいところ。でも忘れてる。デフォルトと見比べながら、ここだと思ったところを一ヶ所変更したら、直った。
とはいえ、向こうは Me の VC6+MFC でプログラミングしている以上、Me の IE5.5 でも確認しなきゃならない。これが大変。5mのLANケーブルでもそのままでは届かないので、パソコンを移動する。モデムの電源を切って、付け替えて、電源を入れて、約一年ぶりにWEBにつないで、確認。やっぱずれてた。
あらゆるブラウザに対応しようとするWEBページ作成者の苦労が偲ばれる。

向こうのプログラムは、ウィンドウ枠が昔のままで、今の透明感あふれるテーマには対応していないし、今回話題になっているのはフォントの能動的変更も組み込んでいない。VC6+MFC で作ったものを移植する気も起きない。

それで、ほんの少し悩んだ末、プログラムの開発、テスト環境に合わせるべきだと考え、向こうは元に戻した。
Xp や Vista や 7 で動作確認をしてくださる方々には本当に感謝しているのだけれども、申し訳ない。

こっちは、今の環境に合わせるのが良いだろうと、変えることにした。

さて、どう言い訳しようか。
posted by 七癖 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。